【2019年】仙台東照宮「春祭り」の様子

仙台の春の訪れを告げる仙台東照宮の「春祭り」に行ってきました。

今年は4月20日と21日の開催で、「GREEN LOOP SENDAI 2019」と開催日がだだ被りするという。私にとっては、ハードスケジュールになりました(笑)

仙台東照宮は、今年で創建365年にもなる徳川家と伊達家にゆかりのある立派な神社です。

あお葉
いわゆる全国にある「東照宮」ですが、他の東照宮と区別をつけるために「仙台東照宮」という名前になっているそう。

仙台に春がきた!仙台東照宮「春祭り」の縁日やイベント

仙台東照宮は、仙台駅から北に真っすぐ30分ほど歩いたところにあるのでわかりやすいです。

2019年は4月20日(土)と21日(日)の2日間行われました。

  • 20日:神楽奉納、歌謡ショー・カラオケ大会
  • 21日:神楽奉納、歌謡ショー・カラオケ大会、こどもみこし渡御

2日間のスケジュールはこのようになっており、おそらく多くの参加者の楽しみは歌謡ショー・カラオケ大会かなと(笑)

あお葉

歴史ある神社のお祭りで、カラオケ大会って珍しい気がします。(私が知らないだけかも)
それほど、地元の人やご年配の方にも愛されているお祭りなのかな。

お祭りには、地元の学生や家族連れの方々も多く参加されていました。

縁日では、お馴染みのゲーム、鉄板料理、綿菓子、揚げ物など、20店以上ぐらいあったかな。

私には新鮮だった縁日での「玉こんにゃく」。東北ご当地グルメですが、やはり東北の縁日でも欠かせないんですね。

参道から拝殿に向かう階段は緩やかで、たくさんの人が木陰で休んでいました。

すでに桜はほとんど散っていましたが、満開のときは綺麗だったんだろうなと想像します。

仙台東照宮の伝統建築と東北一大きかった神輿

参道を入って、階段を登っていくと正面に「随身門」があります。

随身門(ずいじんもん)とは、門の両側に神を守る者(随身像)を安置している門のことだそうです。

あお葉
下から門を見上げると、木構造の迫力がすごい!
歴史を感じる建物だね。

 

仙台東照宮の境内には「神楽堂」もあり、春祭りでも1日に5回(14~20時)、各回30分ほどの「巫女舞」が披露されます。

神楽堂の横にある仮設のステージが、歌謡・カラオケ大会の会場ですね。

鈴と扇も持った巫女が、ゆっくりと回りながら舞を披露します。「巫女舞」の様子を動画におさめました。

View this post on Instagram

 

あお葉さん(@sendai_meguri)がシェアした投稿 -


「神楽堂」の向いにある「神輿堂」。その名の通り、お祭りで使われるお神輿がおさめられています。

普段は閉まっていますが、お祭りのときは「神輿堂」の中も見れました。

仙台東照宮のお神輿(東照宮神輿)は、東北一の大きさといわれているそうです。

1654年の仙台東照宮が造営される際には、江戸から仙台まで7日間かけてお神輿を運び、現在まで受け継がれてきた貴重なお神輿です。

あお葉
装飾が豪華できれいなお神輿。
東照宮神輿は、絵巻でみるともっと大きなお神輿だから、恐らくこれはお祭り用のお神輿かな?

仙台東照宮から眺める仙台の街並み

仙台駅と仙台東照宮までの直線2.4㎞の見晴らし

私が仙台東照宮で一番気に入った場所が、こちらの「随身門」からの眺めです。

仙台東照宮から南に約2.4㎞の場所に仙台駅がありますが、そこまでの直線の道のりを見渡すことができます。

地図で見るとわかりやすいですが、仙台駅からほぼ真北に位置する仙台東照宮。

仙台東照宮の目の前の地域は、現在「宮町」という地名となっていますが、仙台東照宮の造営時に「御宮町」という門前町として制定されました。

あお葉
仙台東照宮からの直線の一本道は、仙台駅ができるまでは仙台城下町最長の長さがあったそうですよ。

※仙台東照宮の歴史については、仙台東照宮の公式サイトを参考にしています。

「仙台東照宮」の情報

名所 仙台東照宮
URL http://s-toshogu.jp/
住所 宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
電話番号 022-234-3247
営業時間 御守・御朱印・駐車場:8:00~17:00
祈祷受付:9:00~16:30
閉門:17:00
駐車場 無料100台
備考 参拝は終日可能

感想

仙台東照宮は、仙台駅からもアクセスしやすく、階段数もそこまで多くないので参拝しやすいです。

「春祭り」には、地元の人たちが老若男女集い、賑やかな良いお祭りでした。なにより境内から見る仙台市街の眺めも良く、木々に囲まれた憩いの場所です。

他にも、仙台東照宮の周りにあるおすすめのショップはこちらをどうぞ!