展望台から見える秋保大滝の絶景

国指定名勝にもなっている秋保大滝は、紅葉シーズンにおすすめの観光スポットです。

日本三名瀑さんめいばく(滝) でもある秋保大滝の景色は言わずと知れた絶景スポットで、鑑賞する場所によって見え方が全く違います。

10月現在の紅葉状況もあわせてご確認ください。

あお葉
秋保大滝は、展望台もしくは滝つぼから見る2つの鑑賞スポットがあります。

※当記事に記載している料金や詳細については、投稿日現在の情報です。

秋保大滝の展望台へのアクセス方法

▲秋保大滝不動尊の入口と、目の前にある食事処

秋保大滝の展望台へアクセスは、秋保大滝不動尊が目印になります。

秋保大滝不動尊のすぐ横には、大滝れすとはうす秋保大滝植物園のパーキングがあるので、車で来られる方はそちらを利用します。

仙台駅からバスも出ていて、「秋保大滝行き」の終点で下車すると便利です。

秋保大滝の景色

秋保大滝の展望台へのアクセスは少しわかりづらく、Googleマップでは表示されていません。

ただ、この行き方は秋保大滝の観光案内所がある「大滝れすとはうす」でも案内されている道なので、現地でも確認できます。

 

秋保大滝不動尊から秋保大滝の展望台までの行き方は、

  1. まず不動尊に入っていき、本堂の右側を進んでいきます
  2. 本堂横の道を進んでいき、展望台への遊歩道を進む
  3. 遊歩道の終点に展望台があります

秋保大滝の景色

遊歩道はきれいに整備されており、石段を下りていくと展望台まで一直線です。

展望台から見える秋保大滝の風景

秋保大滝の景色

秋保大滝不動尊の脇道を通って、展望台まで来ると見えるのがこちらの景色。

この日は霧雨が降っていましたが、周りにほとんど遮るものがなく、滝を一望することができます。

秋保大滝

写真ではなかなかこの雄大さが表現できず残念ですが、日本三名瀑さんめいばく(滝) になっているのも納得の絶景です。

こちらの写真の撮影日は10月7日ですが、紅葉は2~3割ぐらいかなと。TwitterやInstagramで秋保大滝の紅葉情報を見ると、10月18日現在で4~5割ぐらいでした。

秋保大滝の紅葉の見ごろは、10月下旬~11月上旬になりそうですね。

秋保大滝の滝つぼが見られるおすすめ鑑賞スポット

秋保大滝を滝つぼから眺められる場所

秋保大滝の景色▲滝つぼ駐車場前にある橋から見える名取川

秋保大滝の絶景スポットは、展望台以外にも滝つぼからの景色がおすすめです。

秋保大滝の滝つぼまでは、秋保大滝不動尊から車で約3分ほど(徒歩約15分)移動して、そこから遊歩道を通っていきます。

こちらは名取川のすぐそばを歩いていくため、雨の日や水量が多い日はご注意ください。

秋保大滝の滝つぼまでのアクセス

秋保大滝の滝つぼへ行くには、滝つぼ専用の駐車場を目指して行きます。車が10台ほど停められます。

こちらへはバスは通っていないので、徒歩の方は15~20分ほどかかります。

秋保大滝 滝つぼへの行き方

橋を渡りきると右側に駐車場があり、その目の前に滝つぼへ続く遊歩道の入口があります。

「クマ注意」の看板もありますので、散策の際はくれぐれもご注意ください。

「秋保大滝」の情報

施設名 秋保大滝不動尊
URL https://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/67/
住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝11
電話番号 022-399-2127
営業時間 年中無休
駐車場 無料100台あり

感想

秋保大滝の絶景スポットは展望台と滝つぼからの2箇所がおすすめですが、秋保大滝植物園からも渓谷や「すだれ滝」を眺めることができます。

秋保大滝植物園の公式ブログでは、秋保大滝周辺の紅葉情報も発信されているので、チェックしてみてください。

そして、秋保きたら日帰り温泉もおすすめです。是非、秋保温泉もお楽しみください。