国分町「茶寮」の肉まん

東北最大の歓楽街・仙台の国分町にある手作り中華・点心 茶寮(さりょう)の肉まんを食べてみました。

店頭にいくつも並ぶ蒸籠(せいろ)の湯気を見ているとつい食べたくなってしまいます。朝から翌早朝まで営業しているので、飲み屋帰りに買われる人も多いのだとか。

中華店の肉まんにしてはリーズナブルで、具沢山なのでコスパがかなり良いです。

国分町「茶寮」について

国分町「茶寮」の肉まん

夜の街・国分町の中心部にあるストリートで、昼間でも蒸籠(せいろ)から湯気がもくもくと立ち上がりひときわ目立つお店が「手作り中華・点心 茶寮(さりょう)」です。

仙台以外にも、札幌、福岡、香川などにもお店があるようです。

国分町「茶寮」の肉まん

昼間はほとんど通行人がいませんが、それでもここを通った人は1度は立ち止まったり、つい覗いてしまうお店。外国人観光客も足を止めて、何が入っているのか見たい様子でした。

仙台には中華街がないのですが、この一角だけでもリトル・チャイニーズタウンのよう。

国分町「茶寮」のメニュー詳細

国分町「茶寮」の肉まん

国分町「茶寮」の肉まん

国分町の「茶寮」のテイクアウト情報です。

メニューは、シンプルに肉まんと焼売の2種類のみ。以前は、あんまんやちまきの販売もしていたようですが、現在はありません。

販売価格

・肉まん 250円
・肉シューマイ 700円
・蟹シューマイ 800円
・海老シューマイ 800円
※全て税込み。シューマイは5個入りの価格

国分町「茶寮」の肉まんを食べてみた感想

国分町「茶寮」の肉まん▲中華だけど包装紙には「ハンバーガー」

注文すると、目の前の蒸籠から肉まんを取り出してもらえますが、かなり熱々です。そして、サイズが大きい!

国分町「茶寮」の肉まん

国分町「茶寮」の肉まん

肉厚の生地はふっくらと弾力があり、生地に負けじと具もたくさん入っています。

具は確認できる限り、豚肉、筍、玉ねぎ、きくらげ…など。餡は少し濃いめの醤油ベースで、黒胡椒がはいっているのでピリ辛です。

豚の角煮のようなサイコロ状のお肉がたっぷりなのと、大きめのきくらげの食感が良くて美味しいです。(子どもには少し辛いかも)

とにかく大きくて食べ応えがあるので、お腹が空いているときに食べるとかなり満たされます。1個250円でこのボリューム感はコスパが良いと感じました。

「茶寮」の情報

店名 手作り中華・点心 茶寮(さりょう)
URL なし
住所 宮城県仙台市青葉区国分町2-9-1 大信ビル1F
電話番号 022-224-5831
営業時間 11:00~翌5:00(日曜13:00~翌2:00)
定休日:年末年始
駐車場 なし

おすすめ関連記事