宮城県「蔵王」観光のモデルコースとお土産まとめ。親子で無料で楽しめるおすすめスポット

蔵王観光のおすすめコース。グルメ、お土産、自然など

宮城県の仙台から高速道路を使えば車で1時間もかからない距離にあり、自然豊かで美味しい食事が堪能でき、夏は涼しく、冬はスキー客で賑わう蔵王(ざおう)の魅力をご紹介します。

蔵王には、無料で楽しめるスポットがいくつかあり、家族連れにもおすすめの観光地です。

また、酪農や農業が盛んな蔵王グルメも旅の楽しみで、地元でも人気のお店の情報もご紹介します。

あお葉
宮城県の「蔵王」は、まるで北海道の「富良野」のような観光地です。
自然豊かで、ごはんも美味しく、見所が満載です。

蔵王でバジルの収穫体験・ハーブ苗の販売

「ざおうハーブ」では、年間150種類ものハーブを栽培しています。

6月頃からバジルの摘み取り体験も始まり、低価格でたくさんのバジルをゲットできます。

ハーブ苗は一律200円とお求めやすい価格なので、ハーブガーデンやポタジェなどがお好きな人にもおすすめです。

入場は無料で、自由にハウス内を見学できます。

蔵王で動物とふれあえる牧場やチーズグルメ

「蔵王ハートランド」では、家族連れに人気のふれあい牧場で、入場料や駐車場は無料です。

敷地内では、家族でキャッチボールやフリスビーを楽しんだり、レストランや喫茶店で食事をすることもできます。

「蔵王チーズ」や「チーズドリンク」は、こちらの人気グルメです。

蔵王で人気のスイーツ・デリのお店

フランスで修業したシェフが作る総菜やスイーツのお店「アトリエデリス」では、季節料理やこだわりのスイーツを購入することができます。

「ざおうハーブ」のハーブを使った料理や蔵王の食材を使ったお肉料理やスープ、ケーキや焼き菓子も人気です。

蔵王の美味しいコーヒーショップ

蔵王に新しくできたコーヒーショップ「KITAYA CRAFT COFFEE」(キタヤクラフトコーヒー)では、水出しで作るアイスコーヒーがおすすめです。

スペシャリティーコーヒーのみを使い、店主自らハンドピック・自家焙煎をしています。

音楽好きの店主は、地元を盛り上げる音楽フェスの企画などを行っています。

蔵王の英国風ヴィレッジ・アンティークショップ

リサイクルをテーマに作られた英国風ヴィレッジ「JAC’s Village」(ジャックスヴィレッジ)は、アンティークやDIYが好きな人におすすめのスポットです。

ヴィレッジ内には、レストラン、手作りピザが食べれるコンテナショップ、地元野菜が買えるマルシェ、アンティークショップなどがあり、入場料や駐車場は無料です。

蔵王のたまご専門店・お土産にぴったりなスイーツ

蔵王でお土産を買うならたまご専門店「たまご舎」(たまごや)がおすすめです。

蔵王に本店がありますが、宮城県の主要ショッピングモールやサービスエリア、仙台駅でも商品を販売しています。

蔵王本店では、ここでしか食べられない卵料理があり、農場から直送された新鮮な卵の販売も行っています。

蔵王おすすめスポットをめぐるなら、こちらのマップが必見

蔵王を観光・散策するなら「蔵王時間もりもりマップ」を見るのがおすすめです。

こちらは、蔵王の地元コミュニティー「蔵王時間」が作成するマップで、蔵王町内の飲食店などで無料配布されています。

私も初めての蔵王訪問で、実際にこちらの地図を活用させてもらいましたが、地元で人気のグルメや観光地の情報がわかりやすく紹介されていて、家族で1日楽しく過ごせました。

イラストもとても可愛らしく、目的に合わせて場所を選びやすいので、初めての訪問の方におすすめ。