一苺一笑のいちご狩り

仙台駅から一番近い苺農園一苺一笑(いちごいちえ)で、2021年度いちご狩りシーズンの日程が決定しました。

宮城県オリジナル品種である仙台いちご「もういっこ」「にこにこベリー」を含む5種類の品種が食べ比べできる農園です。

仙台「一苺一笑」いちご狩りオープン日決定

泉区高森「一苺一笑」の特徴

一苺一笑のハウス

「一苺一笑」は、仙台駅から車で20~25分ほどの距離にある都会の苺農園で、園内の清潔感と利便性の良さが特徴です。

地面や苺栽培をする棚から土は見えず、子連れでも汚れにくい苺ハウス。子供の目線と大人の目線、2段の苺棚があるのも嬉しい。

「一苺一笑」では、県内では珍しい5品種を食べ比べできる苺農園で、「とちおとめ」「紅ほっぺ」「よつぼし」「もういっこ」「にこにこベリー」を栽培しています。

2021年度「一苺一笑」いちご狩り料金

いちご狩り

「一苺一笑」の2021年度いちご狩りは、2021年1月3日からスタートします。去年より2日早いスタートです。

すでに2021年シーズンは、2020年12月2日から苺の販売のみを開始しています。

いちご狩りは40分食べ放題で、練乳のおかわりは無料です。

1/3~4/7 4/8~5/5 5/6~6月下旬
小3~64歳 2100円 1900円 1600円
65歳以上 1800円 1600円 1300円
4歳~小2 1200円 1000円 800円

※3歳以下は無料
※全て税込価格

おすすめ関連記事