イオンモール新利府

現在建設中のイオンモール新利府(南館)は、2021年3月5日開業予定です。

南館では、東北初出店のお店が35店舗、宮城県初出店のお店が7店舗もあり、地元企業も多く出店しています。

今回は、イオンモール新利府(南館)のフロア詳細や注目店舗など、最新情報をまとめました。

イオンモール新利府(南館)の概要

イオンモール新利府南館の詳細

イオンモール新利府画像出典:イオンモール新利府

2021年3月5日開業予定のイオンモール新利府南館では、主に30代後半~40代のファミリー層をターゲットとしており、東北最大級のエンターテイメントモールとなる予定です。

また、南館に出店予定のテナント約170店舗の内、35店舗は東北初出店7店舗は宮城県初出店

全国チェーンだけでなく、地元企業も多く参加しており、宮城らしいイオンモールとなることでしょう。

施設名 イオンモール新利府南館
URL 公式HP
住所 宮城県宮城郡利府町新中道3丁目1-1
営業時間 【専門店】10:00~21:00
【レストラン】11:00~22:00
【映画館】9:00~24:00
【イオンスタイル1階】8:00~22:00
【イオンスタイル2~3階】9:00~22:00
駐車場 【駐車台数】約3800台
【駐輪台数】約700台
開業日 2021年3月5日(予定)
建物構造 鉄骨造・地上3階建
専門店 約170店舗

イオンモール新利府の北館と南館

イオンモール新利府▲新設中のイオンモール新利府南館

現在、宮城県利府町に建設中のイオンモールは、既存の「イオンモール利府」と新館が合体してイオンモール新利府と名称を変えます。

旧イオンモール利府は「北館」となり現在リニューアル工事中で、新イオンモールも「南館」となり3月5日オープンに向けて建設中です。

2棟の総賃貸面積は10万2000㎡で、現時点で全国に144棟あるイオンモールの中でも3番目の大きさとなります。

イオンモール利府 ▲リニューアル中のイオンモール新利府北館

新設中の南館だけでなく、リニューアル中の北館にも新テナントが入る予定となっています。こちらは情報が解禁次第お知らせします。

イオンモール新利府

イオンモール新利府

イオンモール新利府の北館と南館の間は、連絡通路があります。

ただし、こちらは建物同士を繋いでいるわけでなく、北館の敷地内(外)から南館の屋内へ繋がる連絡通路です。

現状では、北館と南館の間にある県道8号の拡張の予定はなく、オープン後は道路の渋滞が予想されます。

イオンモール新利府フロアマップ

イオンモール新利府フロアマップ

1階には、アパレルショップ、日用品・雑貨、レストラン街、食物販「りふマルシェ」などで構成されています。

1階では、東北初出店・宮城県初出店のテナントが23店舗あります。

初出店ブランドは、「CLANE」「MODOC」「イェッカ ヴェッカ」「LAKOLE」などのアパレル、「BK home」「Wabi×Sabi」「ティファールストア」などのインテリア・雑貨、「アルビオン ドレッサー」などが出店します。

イオンモール新利府フロアマップ

2階には、アパレルショップ、宝飾・眼鏡、本、医療、旅行、エステ関連のショップが出店します。その内、9店舗は東北初・宮城初出店です。

注目は、プロスポーツとコラボした観戦型カフェレストラン「BALLER:S」。

他にもスポーツ売場「スポージアム」や「スポーツオーソリティ」もあり、館内にフィットネスジムも併設していたり、健康促進やスポーツに力を入れるエリアです。

イオンモール新利府フロアマップ

3階は、アミューズメントエリアを中心としたファミリー層向けのエリアとなっています。

子連れにも嬉しいキッズ広場「モクイクひろば」、イオンスタイル内の「キッズリパブリック」やキッズファッションエリアもあります。

0歳から入店できるペットカフェ「moff animal cafe」は東北初出店。

他にも、100円ショップ「ダイソー」の新業態「ダイソーナチュラル」も東北初出店です。

イオンモール新利府フロアイメージ

イオンモール新利府画像出典:イオンモール新利府

イオンモール新利府は、「暮らしも心も“ゆたか”に。新たにつなぐ想像以上の毎日を」をテーマに、ショッピングだけでなく、心も体もリフレッシュできるようなエンターテイメント性の高い東北最大規模のイオンモールです。

イオンモール新利府画像出典:イオンモール新利府

施設内のカラーは、木目調とモノトーンを掛け合わせた新しいスタイルのデザインです。

イオンモール新利府南館の注目ショップ

※以下で使用している画像はイオンモール新利府より引用しています。(一部を除く)
※画像は全てイメージであり、実際のものと異なる場合があります。

イオンモール新利府|注目アミューズメント

イオンモール新利府 VS PARK

イオンモール新利府南館の注目アミューズメント施設の1つは、バンダイナムコが運営する「VS PARK」が東北初出店です。

しかも、全国の「VS PARK」の中で最も大きな規模での出店となり、約3500㎡の広さに31のバラエティスポーツが集結し、 2時間遊び放題の料金設定となっています。

フレーベル館Kinder Platz画像出典:フレーベル館Kinder Platz

また、小さなお子さんも一緒に楽しめる「フレーベル館Kinder Platz」も東北初出店。

こちらの施設は、「きづく ひろがる あそびの広場」をテーマにした絵本と遊びの広場です。絵本の中の森をイメージした空間で、対象年齢は6ヶ月~12歳となっています。

moffアニマルカフェ画像出典:moff animal cafe

他には、ペットカフェ「moff animal cafe」も東北初出店です。

フクロウ、猫、ウサギなど様々な動物たちとふれあえ、年齢制限はなく0歳からでも入場可能。3歳以下は入場無料など、親子でも楽しめる施設です。

また、他には東北最大級の「イオンシネマ」もあり、スクリーン数は11スクリーンです。

同じく、イオン系列のゲームセンター「モーリーファンタジー」も出店します。

イオンモール新利府|注目グルメ

イオンモール新利府 グルメ

イオンモール新利府南館の3階には、新たにフードコートFood Forestができます。

フードコート内には13店舗が出店し、内5店舗は東北初出店(新業態を含む)です。座席数は約1000席となっています。

また、1階のレストラン街DINNING TERRACEでは16店舗が出店し、内3店舗(新業態を含む)が東北初出店、1店舗が宮城県初出店です。

注目はやはり、仙台発祥で人気も高い飲食店「味の牛たん喜助」と「Humming Bird」の新スタイル店舗。

「フードバズール by hummingbird」は、約700㎡の広い店内にピザ、パエリア、小籠包、お寿司など和洋中が一気に楽しめる13業態を展開するようです。

イオンモール新利府|その他の注目店舗

イオンモール新利府

1階の食物販ゾーンりふマルシェでは、イオンのスーパーマーケットと隣接し、7店舗が新規出店します。

注目したいのは、仙台の秋保ヴィレッジやエスパル仙台でも展開される「アグリエの森」や人気のパティスリー「Kazunori Ikeda」の新業態。

県外から来た方にもぜひ知ってもらいたい宮城のおすすめショップばかりです。

おすすめ関連記事