青根洋館

青根温泉観光の拠点「青根洋館」に入ってみた

川崎町にある青根温泉を観光する際にかかせないスポット「青根洋館」に行ってみました。

宮城県にある歴史ある洋館としても有名な場所で、青根温泉の観光案内所&作曲家・古賀政男の記念館にもなっています。

ノスタルジックな雰囲気が漂うレトロな青根洋館の内部をたっぷりご紹介します。

あお葉
青根洋館の駐車場に車を停めて、温泉街を散策することができます。

※当記事に記載している料金や詳細については、投稿日現在の情報です。

観光案内所にもなっている「青根洋館」

青根温泉 青根洋館

青根洋館は、明治時代に仙台市にあった宣教師宅を昭和34年にこちらに移築した建物です。

白いラップサイディングの外壁がおしゃれで、縁はベージュで囲われています。どちらかと言うと、女性的なデザインの洋風建築です。

青根温泉 青根洋館

青根洋館の敷地内にある駐車場は無料で利用できるので、こちらに車を停めて温泉街を散策する人も多いのだとか。

1階は観光案内所とカフェになっており、2階は作家・古賀政男の記念館になっています。

洋館のすぐ目の前には、共同浴場「じゃっぽの湯」があります。

レトロな洋風建築と古賀政男の記念館

青根温泉 青根洋館

入口から中に入ってみると、玄関には古い病院のような靴箱と、彫刻がおしゃれな天井とランプ。

青根温泉 青根洋館

ドアの周りはステンドグラスで囲まれています。

部屋の奥には、優しいふんわりとした照明がノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

青根温泉 青根洋館

1階のホール部分にある立札には、「古賀メロディー「影を慕いて」発祥の地」と書かれています。

写真奥の部屋(キッチン)から管理されている方が出迎えてくださり、簡単な館内の案内をしてくださいました。

「青根洋館」のおしゃれな1階の様子

1階の洋風カフェスペース

青根温泉 青根洋館

青根洋館の1階は観光案内所となっていますが、おそらく案内してくださるのは館内にいらっしゃる方1名のみで、カフェスペースの運営もされています。

観光客は、部屋の一角に置いているパンフレットや地図などを自由に手にするスタイル。

青根温泉 岡崎旅館

広々とした1階のカフェスペースでは、コーヒーやアイスクリームなどの軽食を注文できます。

青根温泉 青根洋館

レトロな洋風デザインの内観の中、ゆっくりとティータイムを過ごせます。日当たりが良く、窓からは町の様子を眺めることができます。

青根温泉 青根洋館

個人的に1階でお気に入りな場所は、サンルーフがある窓際の席。こちらのドアにもステンドグラスがあります。

2階へ続く階段もレトロでおしゃれ

青根温泉 青根洋館

1階ホールから2階に続く階段もおしゃれで素敵。階段下は、お手洗いになっています。

青根温泉 青根洋館

2階は、作曲家・古賀政男の記念館になっていますが、誰でも見学することができます。(入場無料)

青根温泉 青根洋館

階段上に小窓がついているので、暗くなりがちな階段下を照らしています。

「青根洋館」古賀政男記念館の様子

2階の内装と独特なデザインのフローリング

青根温泉 青根洋館

2階は、1部屋が作曲家・古賀政男の記念館になっていますが、もう1部屋はこの地域の歴史を伝える資料館となっています。

青根温泉 青根洋館

この洋館の特徴は、木製フローリングのデザインが独特なこと。真ん中の四角から徐々に囲いが大きくなっているデザインが珍しい。

青根温泉 青根洋館

壁に資料を飾っている程度で、空間を持て余してしまっているように感じます。

青根温泉 青根洋館

こちらの床も先ほどと同様のデザインです。当時はこのスタイルが多かったのかな。

青根温泉 青根洋館

こちらの洋館は窓が多いので、光がしっかりと入りますね。2階の窓からも青根温泉郷の風景を見渡せます。

国民栄誉賞を受賞した作曲家・古賀政男

青根温泉 青根洋館

実は、古賀政男さんがどんな人がわからなった私…。昭和時代の代表的な作曲家で、国民栄誉賞も受賞された方だそうです。

古賀政男さんは福岡県出身の方ですが、なぜ宮城県の山奥に彼の記念館があるのか?

それは、昭和初期に発売されてた「影を慕いて」という名曲は、ここ青根温泉がきっかけで作られたと言われているそう。

青根温泉 青根洋館

古賀さんは、友人と一緒に訪れていた青根温泉の森林で自殺未遂を起こしたそうで、そのときの経験に着想をえて作成した曲が「影を慕いて」だそうです。

現在、古賀さんが自殺未遂をした森林には、歌碑が置かれています。歌詞を見ると、将来への不安や失恋への悲しみが込められているように感じました。

名曲の陰につらい経験や青根温泉での思い出も込められていたんですね。

青根温泉 青根洋館

古賀さんに国民栄誉賞が贈られたのは、彼の死後10日後で、元野球選手・王貞治さんに続いて2人目でした。

青根洋館の古賀政男記念館では、古賀さんのレコードや遺品などが展示されています。

青根温泉の絶景スポット

青根洋館の横にある駐車場からは、宮城の山々を見晴らせる場所もあるので、ぜひ足を止めてご覧ください。

晴れていたら、ここから仙台港や太平洋が見える絶景スポットです。

「青根洋館」の情報

施設名 青根洋館
URL 川崎町
住所 宮城県柴田郡川崎町青根温泉10-1
電話番号 0224-85-3122
営業時間 【4~11月】9:00〜17:00
【12~3月】9:00~16:00
駐車場 無料40台ほどあり
こちらの記事もおすすめ