仙台の甘味処すずやのもなかスイーツ

仙台の二日町に2019年7月にオープンした甘味処すずやのもなかを食べに行ってきました。

インスタグラムで話題になっているもなかで、私たちが訪れた日も学生らしき女性たちやカップルで賑わっていました。

とにかくインパクト大な贅沢もなかで、和洋の美味しさを楽しめるスイーツです。

「甘味処すずや」の贅沢もなかスイーツ

仙台の甘味処すずや※店主の許可をいただき撮影しています

二日町にあるアパレルショップ「waano(ワアノ)」の左側にひっそりと建つ「甘味処すずや」。テイクアウト専門で、店先のベンチがイートインスペースになっています。

この日は水曜日で、通常なら定休日ですが開店しており、たまたま店主の男性とお話することができました。

仙台の甘味処すずやのもなかスイーツ

すずやの店主は、こちらの他にも東一市場や文化横丁でイタリアンレストランや居酒屋を経営されているとのこと。

インパクトのあるもなかスイーツ専門店を開くきっかけを伺うと、元々は別店のイタリアンレストランで提供しようと考えていたメニューだったそうで、もなかと洋菓子・季節の食材と組み合わせると面白いと考えたのだとか。

注文したメニューを作りながら、とても丁寧に接客してくださいました。他のお客さんにも同様に、もなかを作りながら、店主とゆっくり立ち話を楽しんでいる方が多かったです。

「甘味処すずや」のメニュー

仙台の甘味処すずやメニュー

すずやのテイクアウト情報です。

メニューは、3月25日時点で7種類ありました。季節によってメニューが変わります。

▪あんバター 400円
▪ずんだカタラーナ 500円
▪そばの実いちじく 500円
▪マロンマロン 500円
▪くるみあん 500円
▪大学いも 500円
▪いちご 500円
※全て税込価格

開店当初からあるメニューは、あんバター、ずんだカタラーナ、そばの実いちじくの3種類。

テイクアウトも可能ですが、「ずんだカタラーナ」はテイクアウトの場合、カタラーナがアイスのためクリームチーズに変更されます。

仙台の甘味処すずやのもなかスイーツ

すずやオリジナルブレンドコーヒー(300円)は、若林区なないろの里にある「ペンギンコーヒーロースタリー」でもなかに合うようにコーヒー豆を独自にブレンドしてもらっているそう。

苦みが少なく、コクがあり、あんことの相性も良く美味しいです。

「甘味処すずや」の2種類のもなかスイーツを食べてみた感想

仙台の甘味処すずやのもなかスイーツ

今回注文してみたのは、「いちご」と「ずんだカタラーナ」の2種類。もちろん、コーヒーも一緒に。

仙台の甘味処すずやのもなかスイーツ

苺のもなかは、とにかく苺が大きくてインパクト大。苺の下にはお餅が敷かれています。

苺のサイズは3Lを使用しているそうで、品種は「スカイベリー」か「あまおう」の甘いタイプを選んでいるそう。この日は「スカイベリー」でした。

あんこが甘さ控えめで、苺の甘さかが引き立ちます。ジューシーで食べ応え満点のスカイベリーも絶品です。

仙台の甘味処すずやのもなかスイーツ

「ずんだカタラーナ」は、オープン当初からメニューにある定番商品で、イタリアンレストランを経営する店主ならではの一品。

カタラーナとは、クリームブリュレのようなスイーツで、すずやでは半冷凍状態で提供しているため、アイスのひんやり感と白玉・ずんだとの相性が新感覚の組み合わせ。

ずんだの粒々食感とカタラーナの甘さが絶妙なバランスで、クセになる美味しさです。

「甘味処すずや」の店舗情報

店名 甘味処すずや
URL https://www.instagram.com/suzuya_enjiandco/
住所 宮城県仙台市青葉区二日町5-16
電話番号 022-393-7214(waano)
営業時間 金~月 13:00~18:00
定休日:火~木
※不定休、臨時開店もあるため公式インスタグラムを要チェック
駐車場 なし