仙台発祥「あおば餃子」緑の餃子の正体は?あおば餃子が食べられるお店まとめ

仙台ご当地グルメ「仙台あおば餃子」を食べよう

仙台のご当地グルメ「仙台あおば餃子」はご存知ですか?

あおば餃子は、宮城県で地域活性化の目的で2010年の「青葉まつり」でデビューした新しいご当地グルメです。杜の都仙台らしい青葉色が特徴的の餃子で、地元のスーパーや飲食店で手軽に食べることができます。

今回は、地元スーパーで購入した「仙台あおば餃子」を調理して食べてみました。また、後半では「仙台あおば餃子」が食べれる仙台の飲食店のご紹介をしています。

あお葉
野菜がたっぷり入った「仙台あおば餃子」は、見た目もインパクト大!
中身は一体なにが入っているのでしょうか?

※記載している料金や詳細については、投稿日現在の情報です。

仙台市認定商品「仙台あおば餃子」。緑色の正体は「雪菜」

地元スーパーのチルドコーナーで売られていた「仙台あおば餃子」が気になって購入してみました。

大手チェーンのスーパーでは扱っていないことが多いですが、一部の地元スーパーで取り扱っているのを見かけます。

こちらの商品は、船田食品製造株式会社(宮城郡利府町)が生産している商品です。12個入りで、398円(税抜)でした。みやぎ生協各店で、「仙台あおば餃子」の皮だけ販売しているようです。

「仙台あおば餃子」の緑色の正体は、「雪菜」でした。

小松菜の味に近い雪菜ですが、山形や宮城などの東北地方でよく栽培されている葉野菜です。「仙台雪菜」と呼ばれる品種もあり、葉に縮れがある濃い緑色が特徴的です。

「仙台あおば餃子」には、雪菜、キャベツ、ニラ、青ネギ、生姜、にんにくなど、野菜がたっぷり入っているのが特徴です。形は、一般的な餃子の半円形と丸形の2種類があります。

仙台市の公式サイトで、「仙台あおば餃子」のレシピを紹介しています。餃子の生地をもちもち食感にするために「タピオカ粉」を入れているようですね。

ネット通販でも取り寄せが可能です。

仙台あおば餃子20個入 仙台老舗中国料理「豊園」監修
大人気 仙台市認定 仙台あおば餃子 18粒入×4箱もちもち食感 お取り寄せ

「仙台あおば餃子」を焼いてみたよ

焼いてみると、普通の餃子のように焼き目がつきました。(緑色の方が勝ると思っていた)

焼き方は、一般的な餃子のように焼くだけでOK。

中を見てみると、野菜がたっぷり入っています。

こちらの商品の皮にはタピオカ粉が入っていないので、もちもち食感ではなく普通の餃子の皮と同じです。

雪菜の味は特にせず、普通の餃子と違うところがあるとすれば、野菜の甘みがあるということかな。

それ以外は、いたって普通の餃子で、野菜嫌いなお子さんでもこの餃子なら食べやすいのではないでしょうか。

あお葉
甘めの餃子なので、タレにお酢を多めに入れても良さそう。
「仙台味噌」をつけても食べても美味しいです。

仙台のご当地グルメ「あおば餃子」が食べれるお店

「伊達藩長屋酒場」仙台駅から徒歩約15分

地元宮城の食材を使った料理が多く、コース料理や飲み放題もあり。

店名 伊達藩長屋酒場 広瀬通りフォーラス向かい店
URL http://marutomisuisan.jpn.com/nagaya-datehan/
住所 宮城県仙台市青葉区一番町4-2-4 オイデ一番ビル 1F
電話番号 0223-98-7077
営業時間 17:00~25:00
年中無休
駐車場 なし
備考 仙台七夕祭り期間中は16:00〜25:00
大晦日は17:00〜22:00(L.O21:00)

「古々がみそ」仙台駅から徒歩約18分

鍋料理や海鮮料理が人気で、小籠包のような丸い「仙台あおば餃子」が食べれるお店。

店名 古々がみそ 一番町店
住所 宮城県仙台市青葉区一番町4-9-1 かき徳ビル 2F、3F
電話番号 022-748-6624
営業時間 日~木:15:00-1:00
金・土・祝前日:15:00-2:00
駐車場 なし

「仙台餃子酒場」JR中野栄駅より徒歩5分

店名にも「餃子」が入っている通り、餃子に力を入れている居酒屋。ラーメンも美味しい。

店名 仙台餃子酒場
住所 宮城県仙台市宮城野区出花1-3-3
電話番号 022-388-6326
営業時間 17:00-24:00
定休日:火曜日
駐車場 あり

感想

「仙台あおば餃子」は、野菜たっぷりでヘルシーな見た目もきれいな餃子でした。

ただ、いまいちパンチがないというか、雪菜を使っていて緑色以外は他の餃子ともあまり大差がないので、まだまだ改良の余地がありそうです。

仙台市指定以外の飲食店でも提供されているので、そちらでは牛タン入りのあおば餃子やこだわりの食材を入れて作っているお店もあるので、仙台に訪れた際は是非ご賞味あれ。

他にも仙台の美味しいグルメはこちらをどうぞ。