ウーバーイーツ

2020年4月2日から仙台でもUber Eats (ウーバーイーツ)」のサービスが開始されます。

新しいフードデリバリーの形として、今話題のサービスがついに東北初進出。

ファストフードやチェーン店だけでなく、地元の個人店もたくさん参加しているので、自宅で外食気分を味わうことができます。

仙台でも4月から「ウーバーイーツ」が始まる

ウーバーイーツはアメリカ発祥のオンラインフードデリバリーサービスで、アプリやネットから簡単に飲食店の食事が配達されるシステムです。

すでに東京、千葉、埼玉、横浜、川崎、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、福山、福岡の12エリアで展開しており、仙台で13ヶ所目となります。(東北初進出)

現在発表されている仙台のウーバーイーツ参加店は、

▪スターバックス コーヒー
▪カレーハウスCoCo壱番屋
▪イマジネ
▪ベジップ WORLD BBQ 仙台
▪味の牛たん 喜助
▪ノッティーヴァゴ
▪スパイス アート
▪センダイコーヒースタンド
▪MR. MASH

などなど、140店舗以上が登録されているそうです。

ウーバーイーツが他のデリバリーサービスと違う点は、店側は配達員を雇わずに、ウーバーイーツに登録した配達パートナーがデリバリーをする仕組みです。

また、ファストフードやチェーン店だけでなく、地元のレストランやカフェなども参加しているため、自宅で外食気分を味わうことができこと。

ウーバーイーツの仕組みは、

  1. WEBやアプリから注文
  2. お店に注文が入り料理を提供
  3. 近くにいる配達パートナーに通知
  4. 自宅まで料理が届く

こんな感じで、客側は食べたい料理が自宅まで届けてもらえ、店側は配達員を雇わなくても良い仕組みになっています。

店側はデリバリーコストが下げられるため個人店でも参加しやすく、客側は地元のお店やファストフード以外のこだわり料理も楽しむことができます。

仙台「ウーバーイーツ」配達エリア・参加店舗

2020年4月2日のサービス開始時点での配達エリアは、仙台市青葉区・宮城野区・泉区・若林区の一部地域のみとなっています。(太白区はエリア対象外)

今後、エリア拡大の可能性は大いにあるので、これからの発展を楽しみに待ちましょう。

営業時間は9:00~24:00となっていますが、提携店によって異なります。

「ウーバーイーツ」を利用してすきま時間に副業が可能

ウーバーイーツは、新しい副業の形として今注目されているサービスです。

ウーバーイーツでは事前に登録をしておけば、すきま時間に配達員(フリーランス)として働くことができます。報酬が他の一般的なバイト時給よりも高めなのもポイント。

18歳以上でスマホを持っていれば誰でも登録できて、配達に必要な自転車やバイクがなくてもレンタルできます。食事を運ぶ保温バッグはウーバーイーツから支給されます。

シフト制でなく、好きな時間にアプリをオンにするだけで働くことが可能

仕事が休みの日、仕事が終わったあと、休憩時間の1時間程度など、短時間で誰でも好きな時間に働けるので、お小遣い稼ぎがしたい方にぴったりなシステムです。配達パートナーについて詳しくはこちらから。