仙台青葉まつり すずめ踊り 2021

仙台・青葉まつり協賛会によると、仙台の初夏の風物詩仙台青葉まつりを2年ぶりに開催すると発表されました。

また今年は、東日本大震災十周年の特別祭礼として行われます。

【2021】仙台青葉まつりイベント詳細

2021年「仙台青葉まつり」例年との違い

仙台青葉まつり すずめ踊り 2021

2021年の「仙台青葉まつり」は、5月15日・16日の2日間で開催されます。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、例年とは内容を変更して、規模を縮小して行われます。

15日
宵まつり
(10:00~18:00)
  • 開催式典
  • 仙台すずめ踊り
  • 仙台山鉾展示観覧
  • 杜の市
  • せんだいメディアテークおまつり広場
16日
本まつり
(10:00~16:30)
  • 伊達火縄銃鉄砲演武
  • 政宗公神輿渡御
  • 仙台すずめ踊り
  • 仙台山鉾展示観覧
  • 杜の市
  • せんだいメディアテークおまつり広場
中止になったイベント
  • 仙台消防伝統梯子乗り
  • 時代絵巻巡業パレード
  • 伊達縁 など
  • 仙台すずめ踊り
    ※仙台駅、中央通、一番町通、国分町通での演武・流し踊り

【2021】仙台すずめ踊り会場を限定して披露

仙台青葉まつり すずめ踊り 2021

仙台すずめ踊りは、例年であれば仙台駅周辺や定禅寺通りなど披露されていましたが、今年は感染防止対策のため3つの会場でのみ披露されます。

  • 定禅寺通
  • 勾当台公園市民広場
  • 勾当台公園音楽堂

また、会場では来場者ゲートを設置し、検温、来場者の連絡先の登録、大声での掛け声禁止など、感染防止対策を徹底して開催予定。

河北新報によると、宮城県の感染状況が「ステージ3」の場合は、定禅寺通での開催を中止、「ステージ4」や緊急事態宣言が発令された場合は、祭り自体を中止するようです。

おすすめ関連記事