仙台駅の南三陸「福興市」絶品グルメ

仙台駅「福興市」に行ってみた

仙台駅2階(ステンドグラス前)で、1月31日~2月2日に行われている「南三陸町福興市2020 in 仙台駅」の初日に参加してきました。

南三陸町の復興をテーマにした物産展で、南三陸グルメや雑貨が販売されています。

今回は、会場で見つけた絶品の南三陸グルメを3品ご紹介します。

あお葉
触ると合格祈願にご利益があると言われる「オクトパス君」のブロンズ像もありました。

※当記事に記載している料金や詳細については、投稿日現在の情報です。

仙台駅で行われた南三陸町の復興イベント

仙台駅の南三陸「福興市」

南三陸町とJR東日本が主催する「福興市」(ふっこういち)は、今回で8回目の開催で、過去最多の13店舗の出店。約250品目のグルメや雑貨を販売している南三陸町の物産展です。

2020年1月31日(金)~2月2日(日)の3日間、仙台駅2階のステンドグラス前で10時~20時(最終日は19時終了)に開催しています。

仙台から少し遠い南三陸町ですが、仙台駅での物産展であれば遠方の方でも気軽に楽しみやすいですよね。

南三陸町の合格祈願キャラクター「オクトパス君」

南三陸町オクトパスくん

南三陸町のタコがモチーフの「オクトパス君」のブロンズ像も会場に設置されています。

置くとパスする」というダジャレ的ネーミング(失礼)で、合格祈願にご利益があると言われています。

縁起物であるオクトパス君の置物は、すでに累計9万個も売れている人気商品だそう。

以前、うみの杜水族館にもオクトパス君が登場して、子どもたちにも大人気でした。

仙台では、仙台駅3階「おみやげ処仙台4号店」(新幹線改札入口)や県内各地でグッズ販売をしています。東京のアンテナショップでも販売しているようです。(販売各店の詳細はこちら

「福興市」で見つけた南三陸の絶品グルメ

自然卵農園「卵皇」(らおう)スイーツ

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

福興市で発見した南三陸グルメの1つ、田束山麓(たつがね)の自然卵農園が作るプリン、クレープ、チーズケーキなど、自慢の地鶏「卵皇」(らおう)を使ったスイーツが販売されています。

南三陸たつがね「卵皇のカスタードチーズケーキ」

オンラインショップはミンネで販売しており、仙台では仙台三越でも販売されているそうです。(販売員さん情報)

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

「卵皇」は、南三陸で採れる野菜・小エビ・海藻などの食材を穀物類と混ぜた自然食材のみを食べている鶏から取れる卵で、卵皇スイーツも無添加にこだわっているそうです。

橋本水産食品「歌津小太郎」

南三陸町「歌津小太郎」

福興市で見つけたもう1つの南三陸グルメは、橋本水産食品「歌津小太郎」 (うたつこたろう)で、いわゆる魚の昆布巻きです。

全て南三陸町で採れた海の幸を使った加工品です。

南三陸町「歌津小太郎」

試食で食べさせてもらいましたが、これが美味い!

こちらは1番最初に「歌津小太郎」のさんまの昆布巻きですが、さんまの昆布の旨味がしっかり感じられて絶品です。

甘めに煮込んでいて触感がやわらかいので、子どもでも食べやすいと思います。

南三陸町「歌津小太郎」

さんまの次に発売された「歌津小太郎」の金華鯖ですが、これもかなり美味い!

販売しているおばちゃんが優しい方で、どんどん試食をくれました。

南三陸町「歌津小太郎」

私、初めて金華鯖を食べてからその美味しさに病みつきになってしまったのですが、こちらの金華鯖の昆布巻きも最高でした。

脂がのった金華鯖と昆布の旨味は、間違いない美味しさ。白米でがっつきたい気分ですが、日本酒とも相性良さそう。

南三陸町「歌津小太郎」

最後に「歌津小太郎」の1番新しい商品でもある銀鮭の昆布巻きもいただきました。(おばちゃん、ありがとう!)

南三陸町「歌津小太郎」

今まで青魚の昆布巻きでしたが、鮭の昆布巻きはまたひと味違う美味しさ。どちらかと言うと、他よりさっぱりした味わいです。

青魚が苦手な方でも食べやすく、お弁当のおかずに入っていたら嬉しい一品です。

橋本水産食品

他にも「歌津小太郎」シリーズには、「めかぶ漬」や「ほや醤油漬」などの加工品もありました。

歌津小太郎の販売は、オンラインショップで購入するか、仙台駅から徒歩圏内の藤崎百貨店でも購入できます。

「福興市」南三陸グルメを食べてみた感想

「卵皇」(らおう)のプリンとチーズケーキ

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

自然卵農園「卵皇のプリン」を購入してみました。1個580円。

少々値段が高めと思いましたが、実は1瓶で通常のプリン2個分の大きさがあるんです。

公式サイトによると「きっと、また食べたくなるので、半分とっておいて欲しいから普通のプリン2個分の大きさです」とのこと。

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

プリンが入っている瓶には、養鶏場で飼われている柴犬「ポン」とヒヨコたちのイラストが描かれています。

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

プリンに入っているのは、卵皇、牛乳、生クリーム、砂糖、小麦粉、塩のみ。バニラ香料は使われていません。

2回に分けて食べられるように、蓋は何度でも開閉可能になっています。無添加のため、賞味期限が7日ほど。

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

卵皇のプリンをすくってみると、プリンの上に生クリームがのっています。プリンに生クリームがのったやつ大好き。

プリン自体は昔ながらのかためのタイプですが、さっぱりした甘さで卵の風味が美味しい。素朴な味ですが、老若男女問わず絶対好きな味です。

無添加の優しい味なので、小さなお子さんでも食べやすいと思います。

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

もう1つ、自然卵農園の「卵皇のカスタードチーズケーキ」を買ってみましたが、こちらも優しい甘さでクリームチーズの酸味がアクセントになっていて美味しい。

南三陸たつがね「卵皇のプリン」

こちらも、しっとり系のチーズケーキというよりは、少しかためのさっくりタイプのケーキ。卵の味よりもクリームチーズの味がしっかりします。

少し小ぶりなサイズですが、もう少し大きいサイズでがっつり食べたい美味しさです。

「歌津小太郎」金華鯖の昆布巻き

南三陸町「歌津小太郎」

悩みに悩んで購入した「歌津小太郎」の昆布巻きは、大好きな金華鯖にしました。1本1080円。

南三陸町「歌津小太郎」

とにかく昆布が分厚くて、食感も良いんです。昆布の旨味はもちろん、金華鯖の美味しさも両方感じられて傑作だと思います。

贈答品にもおすすめですし、お祝い膳やお正月に出しても良さそうな一品です。

南三陸町「歌津小太郎」

昆布の層がとてもきれいでしょう?

子どもでも食べやすい甘い味付けなので、娘も気に入ってパクパク食べていました。やわらかくて食べやすい食感なので、ご年配の方にもおすすめです。

とても美味しい南三陸グルメなので、ぜひ宮城のお土産に買ってみてください。

こちらの記事もおすすめ