wolt仙台

フィンランド発祥のフードデリバリーサービスWolt(ウォルト)が、2020年夏に東北初上陸を予定しています。

2020年3月に広島にて日本初上陸したウォルトですが、広島、札幌に続いて仙台は国内3ヶ所目。【追記】7/30より仙台で本格始動決定!

すでに仙台では、2020年4月に「Uber Eats」(ウーバーイーツ)がサービスを開始していますが、新たなフードデリバリーサービスのウォルトの情報をまとめています。

プロモーションコードでお得に注文

初めてウォルトを利用する際にこちらのプロモーションコードを使用すると、750円分のウォルトクレジット(割引)をゲットできます。(1回限り利用可能)

 D3FPY

▼実際にウォルト仙台を利用してみた感想はこちら。

フードデリバリー「Wolt」ウォルトについて

すでに「Uber Eats」を利用したことのある方であれば、馴染みがあるであろうフードデリバリーサービス。ウーバーイーツとウォルトの違いについてもまとめました。

▼ウォルトとウーバーイーツの違いはこちらで詳しく解説しています。

「Wolt」ウォルトとは?

wolt仙台

Wolt(ウォルト)は、フィンランド・ヘルシンキ発祥のフードデリバリーサービスで、アプリから飲食店のメニューを注文すると、配達員が指定の場所まで届けてくれるというもの。

仙台では、2020年4月にUber Eats(ウーバーイーツ)が東北初上陸をしましたが、ウォルトも今回東北初上陸となります。

サービスの内容は、ウーバーイーツと共通点が多く、飲食店に所属しないフリーランスの配達員が商品をデリバリーするシステム。1回ずつのデリバリーで報酬が発生するので、すきま時間の活用や副業にもおすすめです。

ウォルトとウーバーイーツの違い

気になるウーバーイーツとウォルトの違いですが、注文者から見たサービスの違いはほぼありません。提携している飲食店が若干違う程度でしょう。

一番大きな違いは、配達員の報酬制度ではないでしょうか。

ウォルトは、1回の基本報酬が高い代わりにウーバーイーツのようなボーナスがあまり高くないとのこと。しかし、ウォルトには「時給保証制度」があり、ウーバーイーツのようにオンライン(配達可能状態)にしていたのにマッチングできなかったという状況が減るそうです。このため、ウーバーイーツよりも収入が安定しやすいというメリットもあるようです。

「Wolt」ウォルト仙台のサービス情報

wolt仙台

▪サービス開始予定日
2020年夏頃

▪サービス対象エリア
主に仙台市青葉区、若林区、宮城野区の一部エリア

▪加盟している飲食店
仙台市内のカフェ、レストラン、居酒屋など

▪配達員の必須道具
自転車もしくは原付バイク、スマートフォン
※軽貨物またはバイク(125cc超)を希望の場合は、事業用ナンバー(軽自動車の場合は黒ナンバー、バイクの場合は緑ナンバー)が必要。

▪勤務時間
単発OK、すきま時間や好きな時間帯で働ける

公式サイトより会員登録ができます。

プロモーションコードでお得に注文

初めてウォルトを利用する際にこちらのプロモーションコードを使用すると、750円分のウォルトクレジット(割引)をゲットできます。(1回限り利用可能)

 D3FPY

「Uber Eats」ウーバーイーツの関連記事