reborn art festival 宮城

2017年から始まり、今年で3回目の開催となるReborn Art Festival(リボーンアートフェスティバル)。

東日本大震災で大きな被害を受けた石巻・牡鹿地区を中心に現代アート、音楽、食など地域とのふれあいを楽しむ芸術祭です。

今年は会期を2回に分け、2021年夏と2022年春に開催されます。

当記事で使用している写真・画像は全てReborn Art Festival様より引用させていただいております。

【2021-22】Reborn Art Festivalの概要

「Reborn Art Festival」とは?

Reborn Art Festival 宮城県

Reborn Art Festivalとは、東日本大震災で大きな被害を受けた石巻・牡鹿地区を中心に現代アーティストが訪れて、地域とふれあいながら製作した作品を展示しており、アート、音楽、食などを楽しめる総合芸術祭です。

2017年7月に初開催し、今年で3回目の開催となります。今年は東日本大震災から10年目の節目の年でもあります。

Reborn Art Festival 宮城県

イベント開催後も継続して展示している作品もあり、石巻・牡鹿地区に新たな価値を生み出しています。

2019年に展示された名和晃平さん作「White Deer(Oshika)」は、Instagramなどでも話題となった人気の作品です。

「Reborn Art Festival」イベント詳細

Reborn Art Festival 宮城県

2021~2021年のReborn Art Festivalのテーマは、利他と流動性です。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、会期を2回にわけて開催されます。

また、イベント開催前のプレイベントとして、オンライン上で楽しめる「Reborn-Art ONLINE」も開催中。

イベント名 Reborn-Art Festival 2021-22
URL https://www.reborn-art-fes.jp/
開催日 ・2021年8月11日~9月26日
・2022年4月23日〜 6月5日
※会期中メンテナンス日(休祭日)あり
開催場所 【2021】石巻市中心市街地、牡鹿半島(桃浦、荻浜、小積浜、鮎川など)
【2022】石巻地域

会場や入場料の詳細は、公表され次第追記します。

おすすめ関連記事