Peach

中日新聞によると、格安航空会社(LCC)Peachが新たに中部国際空港を拠点に「中部-仙台」と「中部-札幌」の路線を新規就航させると報じました。

仙台では、同じくLCCのエアアジア・ジャパンの「中部-仙台」路線が2019年8月に就航していましたが、新型コロナウイルスの影響で経営が大幅に落ち込み、2020年12月5日までに全路線撤退を決定しています。

10月21日時点でわかっているPeach「中部-仙台」路線の最新情報をまとめました。

Peachで「中部-仙台」路線が新規就航

Aviation Wireによると、Peachでは以前から国際線に投入予定だった人員や機材などを今回の国内線新路線へ充てるようで、近日中に正式発表する方針です。【10/21追記あり】

Peach「中部-仙台」路線の就航時期は?

飛行機

現時点で、Peach(ピーチ)の「中部-仙台」路線の就航時期は2020年12月中となっています。

【10/21追記】Peach仙台空港より、2020年12月24日に正式就航すると発表がありました。

また、フライトスケジュールは「中部-札幌」は1日2往復、「中部-仙台」は1日1往復となる予定。

Peachでは、2020年10月25日に「仙台-札幌」と「仙台-那覇」路線を新規就航させることが決定しており、これでPeachでの仙台発着便は3路線に増えました。

Peach「仙台-中部線」運賃はいくら?

ピーチ価格表▲ピーチの運賃表(画像出典:Peach

ピーチでは、すでに就航している大阪(関西国際空港)から仙台までの運賃を片道4790円~と設定しています。

10月25日から新規就航する仙台-札幌(新千歳)は片道4390円~、仙台-沖縄(那覇)は片道6490円~と設定し、すでに販売を開始しています。

そして、12月に予定している「仙台-中部線」はピーチ初就航の路線であり、運賃はまだ未定となっています。

しかし、仙台空港から中部国際空港までの飛行距離は約520㎞、飛行時間は1時間10分~25分となっており、距離・時間でほぼ同条件のピーチ既就航路線は「大阪-長崎線」(飛行距離:約521㎞、飛行距離:1時間10分)です。現在ピーチでは「大阪-長崎線」の運賃を3890円~に設定しています。

上記の情報を踏まえると、勝手な予想ですが、ピーチでの「仙台-中部線」の最低運賃は3890円~4790円の間大体4000円前後からスタートするのではないかと推測されます。

【10/21追記】仙台-名古屋(中部)線 の運賃は、 4990円~25390円と発表(予定)。

【10/21追記】Peach「中部-仙台線」の最新情報

仙台空港によると、Peach「中部-仙台線」の新規就航については以下の通りの発表がありました。

10月21日現在、新規路線のチケット販売も開始しています。

就航時期 2020年12月24日
運航スケジュール 【1日1往復】
MM492:仙台14:10発、中部15:25着
MM491:中部13:35発、仙台14:40着
運賃 4990円~25390円(シンプルピーチ/片道)
販売開始 10月21日 16:00~

※運航スケジュールは、2020年12月24日~2021年3月27日の間

Peachの航空券予約は、まず格安航空券サイトで比較をするのがおすすめです。

ネットで安い航空券探すなら!エアトリ
国内格安航空券ならさくらトラベル!

おすすめ関連記事