メゾンカイザー仙台の500円で参加できる試食会

本場パリのブーランジェリーの味が手軽に楽しめると女性に人気のMAISON KAYSER(メゾンカイザー)で、毎月試食会が開催されているのはご存知ですか?

メゾンカイザー仙台では、参加費500円で翌月に発売される予定の新作メニューの試食ができます。

今回は、お得で楽しい試食会の様子をレポートしたいと思います。

あお葉
6種類のパンとお料理のプチコースを楽しめる試食会です。

※当記事に記載している料金や詳細については、投稿日現在の情報です。

メゾンカイザー仙台の店舗

メゾンカイザー仙台 試食会

メゾンカイザー仙台は、仙台に3店舗あります。

  • メゾンカイザー泉パークタウン タピオ店
  • メゾンカイザー仙台 三越店
  • メゾンカイザー仙台PARCO2店

試食会は、毎月タピオ店と仙台PARCO2店で開催されています。

メゾンカイザー仙台の毎月開催の試食会

メゾンカイザー仙台 試食会

メゾンカイザー仙台では、翌月に販売される予定の新作メニューの試食会を毎月開催しています。応募方法は、公式サイトの応募フォームからのみ受け付けています。

1人もしくは2人での参加が可能で、子連れでの応募も可能ですが、お子さんの食事は出ません。応募が多数の場合は、抽選になり公式サイトにて当選者の発表があります。

当選者には確認メールが届くので、詳細はそちらでチェックできます。今回初めての応募でしたが、当選できてラッキーでした。

メゾンカイザー仙台の9月試食会に参加してみた

試食会の流れ

試食会の当日は、時間になったら直接開催される店舗に行きます。

「予約席」と書かれた席に着く前に、レジで参加費の支払いをします。(メゾンカイザーのポイントカードでの支払いも可能)

支払い後、自由に席に座ると、座席にはすでにお皿とアンケート用紙が用意されています。

試食会では、それぞれの項目ごとに情報なしで試食をして、食後にシェフからどんな食材を使ったものか、どんなテーマで作ったかなどの情報を聞きます。

まずは先入観を無くして、食後の感想を素直にアンケート用紙に記入することがポイントになります。(美味しい、美味しくない、好き、嫌いをハッキリ書いた方が役に立つそうです)

ちなみに、私が参加した試食会では、参加者は8名で100%女性(20~40代)でした。

9月試食会のメニュー

メゾンカイザー仙台 試食会

9月の試食会で出されたメニューの全体像です。このサイズを試食するのではなく、実物の1/3サイズぐらいで提供されます。

  • サンドウィッチ
  • 長いパン
  • デニッシュ
  • キッシュ
  • ガトー
  • 本日の料理

全部で6種類のメニューを試食できます。

先入観を無くすため、メニューの詳細はほとんどわからない状態になっています。

10月に発売予定の新作メニュー

メゾンカイザー仙台 試食会

10月に発売される予定の新作メニューのネタバレです。(ご担当者様に掲載許可をいただいています)

まずは、今年のジャズフェスティバルで期間限定メニューとして発売した「紅茶とチョコレートのバケット」です。販売後、社内の女性陣から好評だったそうで、商品化してみることにしたそうです。

アールグレイの香りとチョコレートの甘さが相性良く、女性が好きそうな味でした。私も好きな味。

メゾンカイザー仙台 試食会

次に、「フォカッチャとローストチキンのサンドウィッチ」です。

レタス、トマト、チーズが挟まれ、ハニーマスタードがアクセントになっています。ローストチキンがとっても柔らかくて美味しかった。

メゾンカイザー仙台 試食会

次に、「3種のキノコとベーコンのキッシュ」です。

こちらは定番の組み合わせで、間違いない美味しさです。シェフがエリンギ好きとのことで、大きめのエリンギの食感が良い。

メゾンカイザー仙台 試食会

次に、「いちじくとキャラメルのデニッシュ」です。

いちじくは山元町の生産者が作っているもので、地元の食材を積極的に使われている姿勢に好感が持てました。

いちじくのさっぱりした甘さと、キャラメルソースとカスタードクリームの相性が良いです。

メゾンカイザー仙台 試食会

本日の料理は、ちょっとしたトラブルがあってシェフが即席で作った「リンゴとチキンの煮込み」です。

この日は違った品種のリンゴを使っていますが、来月発売するときは宮城県産のリンゴを使用する予定とのことです。

メインと一緒に付け合わせのパンも出してもらえました。

メゾンカイザー仙台 試食会

即席で作ったとは思えない、かなり本格的な味に試食会に参加された皆さん驚いていました。

レシピも簡単で、リンゴジュースと白ワインを煮込んだだけで、とってもコクがありチキンとの相性抜群。付け合わせのマッシュポテトも美味しかったです。

メゾンカイザー仙台 試食会

そして、最後にデザートは「マロンオレ」です。

こちらはメゾンカイザー仙台に新しく来られたパティシエの新作だそうで、名前の「マロンオレ」はパティシエが作った造語です。

ミルフィーユのように栗やクリームが何層にも重なって、まろやかな口当たりでとても美味しかったです。

「メゾンカイザー仙台」の情報

店名 メゾンカイザー仙台
URL https://www.maisonkayser-sendai.jp/
住所 宮城県仙台市泉区寺岡6丁目 泉パークタウン タピオ1F
電話番号 022-355-6755
営業時間 10:00-20:00
駐車場 無料あり

感想

メゾンカイザー仙台は、東日本大震災のときに大きなダメージを受けた経験から、同じように被害にあわれた地元農家さんたちの食材を積極的に使い、支えあいながらパン作りをされています。

地元の食材にこだわることで、仙台にしかないオリジナルのパンを味わうことができるので、他のメゾンカイザーの店舗とは違った楽しみ方ができます。

もし県外から仙台に来られる際は、是非メゾンカイザー仙台の季節商品などを味わってみてください。

ちなみに、来月のメゾンカイザー仙台の11周年記念として、お得な福袋を販売するようです!公式サイトを要チェックです。

他にも、仙台のおすすめショップはこちらをどうぞ!